忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月18日から28日までの日程で、カイロ国際映画祭が始まった。
昨晩、オフィスでカタカタとコンピュータと格闘していると、ドドーンとボトムに響く音が連発し、外を見るとオペラハウスの方角に花火が舞っていた。

アラブ、中東諸国の作品を中心に、世界中の映画が集結。カンヌやヴェネチアのように映画人なら誰もが羨望する映画祭と比べるとさすがに格が落ちるようで、公開前の新作を出品してそこでの評判をバネにして公開に踏み切るといった戦略で臨んでいる映画人はほとんどいないように見受けられる。日本からの出品は、この夏に公開された日本・台湾・香港合作の『闘茶』(ワン・イェミン監督)が国際コンペ部門に参加、、Digital Feature Films部門のコンペに出品している"Good Bye"(Bunyo Kimura監督)、それから、
ドイツ・日本合作の『赤い点』(宮山真理恵監督)という作品の計3作。

アラブの作品はたくさんあるので、事務所のスタッフに推薦作を選んでもらいながら、時間をみつけて会場めぐり予定。

個人的に楽しみにしているインド映画もけっこうたくさん出ていて、特にオススメは、
LagaanやSwadesのヒットで代表的監督となったアシュトシュ・ゴーワリカル監督の新作"Jodha Akbar"(アイシュワリア・ライとリティック・ローシャンが16世紀ムガール時代にあったとされる異教徒間の真の愛を演じるのだそうだ)と、アミターブ・バッチャンがシェークスピア劇の老俳優を演じる"The Last Lear"。

カイロ在住のみなさん、映画を見に行きましょう!

PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡