忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土曜日、カイロ大学の友人夫婦が、われわれ一家からの執拗なおねだりに降参して、サイイダ・ゼイナブ地区にある超人気ケバブ屋に連れていってくれた。ムハンマド・リファーイという店長の名前で看板を出しているこの老舗は、サイイダ・ゼイナブ・モスクと道路を挟んだ反対側、コーラン学校のある薄暗い路地を半町なかに入ったところにある。ガイドブックには載っていない、カイロのケバブ通の間だけで知られているような店で、日本で言えば通しか知らない薄汚れたラーメン屋に例えれば、あながち遠からずといった感じ。店内には、この店を訪れた有名な歌手、俳優、政治家たちの写真が所狭しと貼られていた。

ケバブ、コフタ、リアーシュ(ラムチョップ)、それにケバブを脂肉で包んで焼いたものを注文した。オーナー独自のハーブ調合で出来たタレをつけて強火で焼いた肉は、どれもやわらかく風味がのって美味しかった。ほぼ大人一人前をたいらげる2歳半の長女を含め、5人で200ポンドだから、約1万円。カイロの庶民にとっては安くない金額ではあるが、そもそも焼肉が最高級の贅沢であるから、この金額は他店と比べればとってもリーゾナブル。

古きよきカイロの下町風情とともに、土地の人が愛する味をお試しあれ。

PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡