忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月18日、日本から環境問題の専門家お二人を招き、アインシャムス大学で環境セミナーを開催。
お二人はそれぞれ、高度成長期の日本の公害、そして日本の里山とサウジアラビアのHIMAと呼ばれる保護区域の比較検討をテーマに発表され、またアインシャムス大学からも環境研究所の副学部長がエジプトの環境マネージメントについて発表した。

日本の経済発展が順風満帆だったわけでなく、多くの犠牲を人々と自然に強いたということが、よく伝わったと思うし、未来の環境保全に向けて伝統知と科学技術の双方を活用していこうという意識も共有できたと思うので、まずまずの会になったと思う。

ただ、参加者の層が大学関係者中心に限定されてしまったのが残念。次回以降は、NGOの活動家や学校の先生など、社会と接点をもって環境の保全に取り組むアクターをたくさんお誘いしたい。参加されたエジプトの学者先生たちが口をそろえて言うように、エジプトの環境問題はたいへんに深刻な状況で、それは政府の取り組み(今回の発表で政府は政府なりにいろいろなプロジェクトでがんばっていることがわかった)だけではどうしようもないのだから。ゴミの出し方、再利用、そして産業廃棄物による健康被害に対する自覚促しなど、より実践的な方法論をめぐって対話できたらいいなと思う。

若い学生を集めて、「もったいないコンテスト」なんてやったら面白いかもしれない。

セミナーが終わって、日本・エジプトの先生方と食事中、エジプト政府が市内の車の駐車取り締まり法を強化したのに、警察は最初の1週間くらいは違反切符を切っていただけで、すぐにもとに戻ってしまったよねとグチったら、エジプトの先生が、「そりゃあ、法律だけ厳しくして駐車場の整備や市内に流入する車数の制限などの対策を同時にとらない限りは、屋上に駐車するわけにいかないんだから、もとに戻っちゃうよね。」とおっしゃる。しごくもっともなことだ。

とにかく、このあふれんばかりの車が引き起こす渋滞と大気汚染をなんとかしてくれー!!

PR
カイロ国際映画祭は後半戦に突入したが、今週は日本から研究者を招いてカイロで講演会をやっていたので、3日ばかり映画はおあずけ。

日本からお招きしたのは政策研究大学院大学教授の大野健一さん。国際交流基金が3年がかりで大野教授の著書、『途上国ニッポンの経済発展』のアラビア語版を作成して、今月中旬、ようやくShrouk社から出版することができたので、その出版記念として著者による講演を企画したのだ。

この本は、(90年代以降は長い長い停滞期にあるとはいえ)世界有数の経済大国に発展した日本の発展史を、いまだ経済指標的には先進国とは言えなかった江戸末期までさかのぼって紹介するもので、もともとが政策研究大学院大学に途上国から留学する大学院生向けに書かれた教科書である。そっくりそのまま輸出可能なものでは毛頭ないが、これから経済発展、そしてテイクオフを目指す国の政府やエリート知識人などに日本の発展モデルを参考にしてもらいたいとの狙いで、翻訳・出版を企画したのだった。

カイロ大学とアハラーム政治戦略研究所での2回の講演会は、学生を含めた多くの知的エリートたちに本の概略を紹介し、実際に手にとって読んでもらう動機付けができたので、成功だったと言ってよい。

むしろ興味深かったのは、では、途上国エジプトは、はたして経済発展できるのか、という問題に対する彼らの反応と、それに対する大野先生の感想だった。

特にリサーチャーに限定した小会合としたアハラームでのセミナーでは、エジプト側からは「政府はどこまで市場に干渉すべきか」といった抽象的議論が多くみられたのだが、これに対して大野先生は、「東アジアでは、そういった抽象論はもう全く行われていない。そうではなくて、個別具体的なセクター発展における政府と市場の分業のあり方を議論しなければ意味はない。」とおっしゃられた。そして、先生が最近深く関わられているエチオピアの産業政策を例に出し、そこではジョセフ・スティグリッツとツーカーで話が通じるスーパーに有能な首相のイニシアチブで、大きな国の将来ビジョン、それを具現化するためのロードマップ(マスタープラン)、そのマスタープランをより具体的な作業工程に落とし込むアクションプランの策定を行っていて、そのプロセスに対して東アジアモデルを参照するために大野先生の知見を求めているのだそうだ。大野先生がいみじくもおっしゃったように、エチオピアというと今も飢餓や難民といったイメージをもたれがちで、実際自分もそこから抜け出せていないのだが、いま、農業を基盤とした労働集約型の付加価値創出輸出産業の形成を目指して、皮革、花きなどのセクターで欧州等に輸出できるブランド作りに汗を流しているという。そして、「エジプトには、そういう具体的プランがありますか?」と問いかけた。

ここ10年来、エジプトはIMFと世界銀行による構造調整プログラムを立派に消化してみせ、財政赤字克服、国際債務解消、インフレの抑制、補助金行政の見直しなど、経済発展の基礎となるマクロの改革においては目覚しい成果を上げた(のだそうだ)。ところが、その後に続くべき製造業を中心とする産業が発展しない。20年前と変わらず、石油輸出、出稼ぎ労働者の送金、観光業、スエズ運河通行料という4部門が外貨獲得手段のほとんどを占め、他には国際競争力のある雇用創出型の産業はわずかしか形成されず、それが人口急増もあいまって、大量の若年失業者を産んでいる。

今日は、カイロ大学の助手や大学院生からこういったエジプトの経済の状況と産業政策のあり方について聞くインフォーマルな会をもったのだが、彼らによるとエチオピアがやっているような産業政策については聞いたこともないし、貧富の格差、公害、交通渋滞、インフレ、失業、汚職など相互にリンクする問題が山積しているし、政府の政策には透明性はないわ省庁のトップ交代などで政策の長期的継続性が保証されないわで、いまのままではブレイクスルーは見込めないと、異口同音に悲観的見解を述べていた。

日本と中東との知的対話を何年か続けてきて、そのなかで常に「日本の経済発展の教訓を伝える」というアジェンダが語られてきたけれど、大野先生がおっしゃるとおり、今後はより具体的な政策レベルでの対話が必要で、それはアカデミズムだけでなく実際の政策実行者との間でなされる必要がありそうだ。


昨日、カイロ大学政経学部にてスリランカ外務大臣の講演を聞きに行った。

"Counter Terrorism: Sri Lanla's Experience"というタイトルで、停戦が崩れ今もなお混迷を極める同国の紛争状況と、それに対する政府の政策について約1時間語ってくれた。一切感情にふりまわされることのない、落ち着いたスピーチで、とてもインフォーマティブだった。歴代の首相や大臣がLTTEに暗殺されている状況においても、市民の恒久的安全と平和のために奉仕しようという、高貴な精神を感じた。

講演会の主催者は、カイロ大学政経学部に所属するアジア研究センター。国際交流基金の日本研究プログラムの相手方でもある。同じアジア研究のプログラムということで、センター長のGaberさんに敬意を表して参加してみたが、行って良かったと思う。

スリランカの問題は、一国内の民族問題が根っこにあって、領土を主張する政治運動であるという点で、イスラームを語りグローバルに活動するアルカイダのような現在進行形の組織とは性格を異にする。それにもかかわらず、今日の講演が中東のみならずグローバルにレレバントだと聴衆が実感したのには、理由がある。

LTTEを封じ込め、その力をそぎ落とすためには、彼らの国際的ネットワークを経たなければならない、と大臣。どんなに政府ががんばってLTTEの軍事拠点を制圧していっても、外から武器や資金が入り続ける状況が続く限りは、いたちごっこになる。アルカイダしかり、インターネットを利用したバンキングを巧みに行ったり、船舶を使って武器を秘密裏に輸入している状況を、なんとか止めなければならない。そのためには、世界中にいるテロリズムの支援主体とテロリストとの連絡手段を断つための国際的協力が不可欠だという。その協力を求めることが、今回の外務大臣のエジプト訪問の目的の一つだったという。

いやいや、それにしても命をはって国のため市民のために政治を行う政治家は、たたずまいがぜんぜん違う。大臣が今後も無事で、和平のための更なる取り組みに邁進されんことを願う。
フラッシュで作成したすごい動画を発見した。

http://whazzupegypt.blogspot.com/

このサイトは、エジプトやアラブに関する書評サイトを検索していたときにひっかかってきた個人のものだが、読んだ本の感想だけでなく、良い書店や文化イベントの案内がのっかっていて実に面白い。

3月16日に立て続けにアップされた二つの動画は、神の目線から5千年の宗教と王朝の興亡を瞬時に疑似体験できるという優れもの。いずれも90秒だから、わずか3分でみんな世界史通になれること間違いない。

こうして大局的に俯瞰して気がつくことは色々あるが、そのなかの一つは、キリスト教がコロニアリズムと期を一にしてものすごい勢いで拡張したということだ。植民地主義と布教とが抱き合わせで展開されたということが、宣教に携わった者の意志は別にして、実感されないだろうか。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡