忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金曜日、カイロ大学のX先生ご夫妻にイスラミック・カイロの華、ハーン・ハリーリ市場に連れていってもらった。X先生は、日課の家族での金曜礼拝をキャンセルして大サービスしてくれたのだから、まことにありがたい話である。

エジプトの地を観光で訪れた人のほとんどがピラミッド、考古学博物館とならんで、このグラン・バザールを訪れる。土地の商売人と難儀な交渉をしながらみやげ物を買う喜びに浸るのみならず、14世紀以来のたたずまいを残した「生きた伝統」がもつ空気に異国情緒をかきたてられるようである。

そんなハーン・ハリーリに、僕も過去の出張時をふくめて何度か足を運んでいたのだが、こうして生活者として土地の人のガイドで入り込んでみると、また違った感覚がめばえてきて面白い。なにせ、この日のメイン・イベントが「ピザを食べる」というのだから、歴史のドラマに思いを馳せるとかそういった類のロマンチシズムとは別の趣だ。(イスラム文化の中心でどんなピザかいな?)といぶかしく思いながらついていったお店で出てきたものは、パン生地の中に肉やらチーズやらをつめたもので、名前をフィティールというf90d8d7bjpeg。X先生曰く、一説にはこれが西洋のピザの源流とのこと。ひとしきりしょっぱい系の具材を楽しんだ後は、生クリームやレーズンなど甘い素材を詰めた甘フィティール。これはなんとも旨い食べ物で、モロヘイヤや鳩料理と並んでエジプト三大料理と称してもバチはあたらない。




お腹をふくらませた後は市場散策。金細工・銀細工のお店、螺鈿のお店、ファラオニック・エジプトのみやげ物屋さん、スパイス屋さん、カフェなど、さまざまな店が軒を連ね、商売人が複数の言語(もっぱら日本語と中国語)を駆使して客引きに精を出す。かつて何度か訪れた際にも聞こえてきた懐かしい日本語のフレーズ、「バザールでゴザール」を唱える化石のような客引きもいて失笑を誘う。X先生御用達の銀細工屋では、気前の良い店主が娘の沙羅のためにスカラベ(フンコロガシ)のネックレスをプレゼントしてくれ、その後の旅道中で沙羅はずーっとフンコロガシをなでさすることとなった。97122572jpeg

スパイス屋さんでは、一度見てみたかった「乳香」という香料と遭遇したが、X先生がエジプトで売られている乳香はクオリティが良くないので、ドバイあたりで買い求めると良いと言うので、買うのはとりやめにした。やはり、シバの女王のイエメンまで行かないと上等な品には出会えないようだ。




874407c6jpegひとしきり市場をそぞろ歩きしたところで、オープン・エアーの喫茶店に腰を落ち着け、水タバコをくゆらせながらアラビアコーヒーを啜った。酒はなくとも人は高揚し、楽しく語らい、友情を深めることが出来るということが、アラブの喫茶店(マクハー)の空気に浸ってみると、実感できる。華やいだ、実に楽しい時間が流れる。


エジプトに来る1月ほど前、盲腸で入院した。切らずに抗生剤の点滴で散らしていたので、いたずらに入院期間が延びてしまい、ヒマにまかせてエジプトが生んだノーベル文学賞受賞者ナギーブ・マフフーズの名著『バイナル・カスライン』(二つの城の間で)を読了した。英国支配からの独立運動激しい19世紀末のハーン・ハリーリが舞台のこの作品を読んだ人なら誰でも、この市場を訪ね、2階、3階の壁にしつらえられた木製の窓、マシュラビーヤなるものを確かめたくなるはずだ。2c1f6474jpeg主人公一家の女性たちは主の厳しい監理下で顔を見せて外出することを一切禁じられ、唯一マシュラビーヤ越しに外の景色を除き見る。しかし、その監視から逃れるように、若い娘たちはしばしば自分の姿を晒し、そして若い見知らぬ男に求婚されたときにはじめて、娘たちの冒険が発覚してしまうというのが、この物語のなかで重要なモチーフの一つになっている。いまも金・銀細工店の窓などに残るマシュラビーヤの向こうに、外出を禁じられた女性が、だらしなく水タバコをふかす僕らの姿を覗いていたりするものだろうか。そんな思いに囚われながら炭のつきの悪い水タバコを繰り返し吸い込んでいるうちに、激しい酸欠で意識が朦朧となった。
PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡