忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エジプトの映画館で初めての映画体験『大統領の料理人』の興奮冷めやらぬうちに、今度はカイロ大学の日本語エキスパートZさんと同僚とで"AL GAZEERA(シマ)"を見に行った。一転してシリアスな内容と聞いており、言葉がわからなくてチンプンカンプンになる恐れがあったので、Zさんをお誘いしてみたら、快諾してくれたのだった。こうして、エジプト映画同好会が発足したのだった・・・

助っ人の登場に安心して前勉強も一切なしで、「シマ」って、どこの島のことだろう?
などとバカなことを思っていたら、日本語でいうあの「シマ」と同じ意味ということが、すぐにわかった。

ところはルクソール近郊の村。3つの部族が抗争を続けるなかで、己の死期を察した村長が一人の若者マンスールを後継ぎに任命する。マンスールが村を治めることを良しとしない部族が様々な妨害をしかけ、果ては前村長の葬式のテントに銃弾を浴びせかける。この攻撃で母をも失ったマンスールは、警察の介入を嫌い、自らの手によって敵の一族を皆殺しにし、復讐を成し遂げる。こうして村の権力を掌握したマンスールは警察のトップと手うちをし、トカゲの尻尾きりとして時々部下を刑務所に送り込む見返りに、麻薬と武器の密輸をほしいがままにし、強大なシマを形成していくのだった。

1997年の列車強盗事件の捜査のため、若き捜査官がシマに送り込まれるが、こうして警察のトップに守られたシマは、一向にボロを出してくれない。そうこうするうちにますますマンスールは力を蓄えていくのだが、彼の力が警察を脅かすところに達しかけたとき、警察のトップは手のひらを反して、彼を消しにかかる。麻薬の取引の現場をおさえ現行犯でマンスールを逮捕する算段だった。ところが、すんでのところで麻薬を積んだトラックだけは避難することができ、マンスールは逮捕を逃れ、そして警察との徹底抗戦に突入していく。

警察側は装甲車まで動員しての徹底的銃撃戦の末、最後にはマンスールは投降し平和が訪れるが、数年の服役ののち出所したところを何者かに銃撃されるところで、映画はTHE ENDとなる。

というわけで、最初から最後まで、全編ハードボイルド。見終わってすぐに、Zさんが
「むちゃくちゃ、エジプト映画っぽいでしょ?」
と聴くのだが、とりあえずこういうのが典型的エジプト映画の一類型としてあることを覚えておこうと思う。

ちなみに、この映画は実話に基づくらしく、つまり20世紀の終わり頃までこうした部族抗争と無法状態での復讐の連鎖がエジプト南部では生きていたということらしい。また、警察のトップがマンスールとの手打ちの自己弁護を語るくだりでは、「原理主義台頭によるテロを防ぐには、マンスールに村を実効支配する力を与える必要があった」と話していた(らしい)。1997年といえば、ルクソール王家の谷で凄惨なテロが起こった年であり、そうすると、マンスールによるシマ支配によるタガがはずれた状態が事件を誘発したということだろうか?

Zさんによると、現在では国家権力が地方部族に村支配を依存し、時には制御不能の「シマ」形成に至るというような状況は起こっておらず、国家によって部族間の緊張やイスラム過激主義といった動きは厳しく押さえ込まれているというが、どうやら大都市カイロとはまったく違った慣習やルールに基づいて生きている人々がいるらしいということは確かである。

ちなみに、この映画"AL GAZEERA"は、先月のエジプト国内映画祭(Egypt National Film Festival"にて第3位受賞。同時に、主演男優賞、主演女優賞、最優秀音楽賞、最優秀写真賞も獲得した話題作だ。最優秀音楽賞のOmar Khairatは、よくSAKIAで公演するようで、今度は5月31日の予定です。

PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡