忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本ではヒマを見つけては電気屋さん廻りをした。お目当ては、プロジェクター。
東京のウサギ小屋と比較するとそれなりに大きく、且つ真っ白にペンキが塗られた壁があるから、ホームシアターを作るにはもってこいの環境だ。

電気屋で発見したのは、本格的ホームシアター用プロジェクターというのがあって、これは大きく且つ高い。一番安いものでも20万円強はするし、飛行機で軽々と運べる代物ではない。

そこで、一般用途としてはコンピュータを使ったプレゼンテーションを想定した小型プロジェクターに狙いをつけ、約8万円のACERというメーカーの機種を買い、カイロまで運んできた。

昨夜、自宅に買い置きしていたエジプト映画"YACOBIAN BUILDING"のDVDを再生してみた。100インチくらいに拡大しても、実にきれいな画面で、結果は期待以上。

映画のほうも、なかなかの力作。Alaa Aswanyという売れっ子作家の小説を原作にしたもので、国内外で高い評価を受けたらしい。この原作については、登場人物の描き方が少しステレオタイプ化したイメージに引き寄せられすぎで、特に下層クラスに属するためにさまざまな屈辱を受けた結果、イスラム過激主義に傾倒し、最後にはテロ行為に手を染める青年の描き方には、人間らしい葛藤の跡がないことが不満だったのだが、その問題は映画にもそのまま反映されている。

でも、役者がいい。恩給を食いつぶすパシャ(太守)の末裔を演ずるのは、『テロリズムとケバブ』のコミカルな演技で日本でも知られるアーデル・イマーム。今回の映画はコメディではないので割とシリアスな演技に徹しているようではあるが、祖先様の栄光にすがりながらも自らは活躍の場を与えられず、女の尻を追いかけるしかない可哀想な男の情けなさぶりが、よく伝わってくる名演。

アーデル・イマームは、現在公開中の映画『ハサンとマルコス』にも主演しているので、この映画も見逃せない。イスラーム教徒とコプト教徒(エジプトのキリスト教)との共存をめぐる問題を描いているそうだ。



PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡