忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月15日、休日の昼時は、一点の雲もない晴天に恵まれ、晴れやかなセレモニー日和だった。この日、国際交流基金カイロ事務所は毎年恒例の日本語能力試験表彰式を、オペラハウスの野外シアターで実施した。

CIMG1831.JPG総受験者249名のほとんどが、両親や友人を連れてやってきたので、会場は300人近い出席者で賑わった。受験者は、この日会場ではじめて合否通知表を受け取ることになるため、みな緊張した面持ちで受付に現れ、封書に入った通知表をおそるおそる確認している。合格した者は歓喜の声をあげ、身内や教師と喜びを共有し、不合格だった者は彼らになぐさめられている。不合格だった人には気の毒なイベントではないかと当初は感じたが、日本語を勉強する人たちがこうして一堂に会して祝福と更なる向上への誓いを立てるのはとても有意義と思い直した。

CIMG1840.JPG
合格者のなかでも、各級(難易度の高い順から1級→4級まで)の成績上位者2名に対しては主催者として表彰をし、それぞれに日本語で短いスピーチをしてもらう。各人が日本語をはじめた動機、これからの夢や決意を率直に語ってくれたので、出席していた多くの学習者にも良い刺激を与えることになったと思う。

CIMG1836.JPG来賓としてご挨拶くださった大使のお話も含蓄のある内容だった。ことばの美しさとことばの力を信じて研鑽を積んでいってほしいとのメッセージだったのだが、そこでひきあいに出したのが和歌。前九年の役にて、源義家が安倍貞任を平定せんとするとき、「衣の館も綻びにけり」という下の句に対していい上の句を継ぐことができれば助命してやるという条件を出し、それに対し
貞任が「年を経し糸の乱れの苦しさに」と即妙に返歌をした、という逸話がそれだ。外国人の日本語学習者にとってはちょっと難しかったかもしれないが、うちのスタッフのNさんが上手にアラビア語に通訳してくれたようだ。

式典終了後のレセプションも多いに楽しく盛り上がり、われらスタッフも心地よい疲れを笑顔で癒しあった。"ハフラ・クワイエス"(パーティーは上手くいったね)と言葉をかけたら、"ミーア・ミーア"という言葉が返ってきた。100+100で、完璧以上に上々といった意味のようだ。

実際に学生を指導し成長を助けるのは教師の役目だが、われわれ事務屋は、この日の晴れ舞台のような機会を色々と設けて、エジプトの日本語教育・日本語学習を盛り上げていきたいと思う。
PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡