忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

通称MAKAN(マカーン)と呼ばれている、コンサート施設がある。
直訳すれば、「場所」っていうことになるのかな。

運営組織の正式名称は、Egyptianl Center for Culture and Art。
サアド・ザグルール廟のお隣にある、こじんまりとしたライブハウスのような場所。

うちのタハリールのオフィスから歩いて10分くらいなのに、2年以上カイロに住んでいて、昨日初めて訪ねてみたのだけど、そんなに長いことこの素晴らしい音楽と出会わずにいたことが残念でならないと思わせる、生きたホンモノの音楽と出会った。

エジプトの音楽に興味はあったけれど、それはすぐにオンム・クルスーム、現代でいえばアムル・ディアブといった大衆歌謡曲の世界しか知らずにいたわけで、やっぱりどの土地にも必ずあるフォークロリックな土着の豊穣な音楽世界っていうのがあるのですね。エジプトにもちゃんとありましたよ。


で、昨日のコンサートは、Naas Makan(マカーンの人々)と題して、この場所で演奏するミュージシャンが勢ぞろいして、フュージョンな世界を見せてくれるという趣向。ドラム、エレキベース、トランペット、サックス奏者が、伝統音楽に現代のノリを添えている。民謡のほうから、デルタの”ジプシー”ミュージシャンたち、そして、シャーマンの音楽Zar(ザール)のひとたち。

もう、アーシーで、かっこいいったらない!
しかも、みんなほとんど普段着!!ショービジネスできらびやらかに脚色された大衆音楽の世界とは一線を画した、生活に根ざした音楽の土地との一体感を強く感じさせる、親密な音楽だ。

そのなかでも、強烈な引力を発していたのが、ザール歌手のオンム・サーメハ(サーメハのお母さん)。本名は、Fatma Emaraさんという(帰り際に買ったCDに書いてあった)。妖艶というのでは違う。その落ち着き払った目から発しているふくよかな包容力がすごいのだ。歌がうまいとか下手とかいうテクニックの問題をはるかに超えたところで、音楽が人間とスピリチュアルな世界との間を交信する機能を果たしていて、会場全体がその豊かな空間にどこまでも酔いしれていく感覚。

これが20LE(約350円)で堪能できるなんて、贅沢すぎます。


一人で勝手に盛り上がっているのも失礼なので、Youtubeを検索してみたら、このオンム・サーメハさんの歌がいくつかアップされていたので、おすそわけします。


カイロにいる人は、現場で体感せよ!!

というわけで、火曜日はNaas Makanの日、ザール・ミュージックを単独で味わえるのは、別途水曜日。


カイロの隠れ家的なライブハウス、MAKANは、なかなかな雰囲気のある場所。単にコンサートをやっているだけでなくて、こういう活動を通じて、死に瀕しているいくつかの希少な音楽の振興をはかっています。

公演やCD販売の収入の一部が、アーティストの生活の足しになっているのですね。買ったCDのライナーノーツを読んでいると、ザールの音楽家は全国で25人、ジプシー音楽で使われる、二つの音が出る笛ARGHOULの奏者は3人しかいないらしい。

せっせとコンサートに行って、友達にも宣伝して、彼らの生活を、音楽を、守っていきましょう!


MAKANのウェブサイトは、ココ。http://www.egyptmusic.org/
PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
さすが歌の上手いすっかるさんの話題は、音楽のことが多いですね。
最近、私は辻井伸行さんのピアノにはまってます。
今まで世界的に有名なピアニストの演奏を聞いても、別段感動したことがなかった私ですが、辻井伸行さんのピアノを聞いたときは、心にじーーーーーーんと響くものがあり本当に感動しました。
すっかるさんの事務所主催で、いつか辻井さんの演奏をエジプトでやってください!
そのときは、主人も私もボランティアで何でもお手伝いしますので、辻井さんのお側に・・・。
辻井さんが作ったという、の「川のささやき」、本当に川が思い浮かびます。
是非是非聞いてみてください。
アーヤ 2010/05/13(Thu)16:15:25 EDIT | RES
お返事遅くなりました
アーヤ様。西洋クラシック音痴の私でも、辻井さんの音楽には共鳴しました。
「川のささやき」、聴きました。こんな美しい音楽を紹介してくれて、ありがとうございます!

そうですね、辻井さんにエジプトに来ていただけたら、素晴らしいだろうなー。実現するようなことがあったら、お手伝いあてにしますよ。
すっかる 2010/05/31(Mon)15:49:44 EDIT | RES
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡