忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のAl Masry Al Youmの記事が面白い。
"Brotherhood youths broach reformation at conference denounced by group's vanguard "というタイトルで、「ムスリム同胞団所属の若者達、会議で改革を切り出すも幹部の非難」といった感じ。

36歳のSameh al-Barqyは、組織の民主化促進のために90年代中ごろから開会されていない、選出代表からなる代表者委員会で重要事項が決定されるべきと主張。

アインシャムス大学医学生のMohamed Effanは、組織の多数を構成する若者と女性に、それぞれ25%、15%の割り当てが適用されるべきと発言。

同胞団幹部が公認しなかった本日の会議に招待された穏健派の旧幹部Abdel Moneim Abouel Fotouh は別の機会に、革命後に同胞団が政治部局としての設立を発表した自由正義党は同胞団とは別組織であるべきと発言し、この日の会議でも同氏の考えに共鳴する若者から同様の意見が表明された。23歳のMohamed Shamsは、同胞団はパルチザン的政治闘争にのめりこむべきではなく、イスラムの正しい教えを大陸を越えて普及するというより崇高な目的に奉じるべき。統治者と人民の間に新しい社会的な絆を導き、良き価値の普及と社会教育に集中すべきと主張した。

30歳の薬剤師Mohamed Othmanは、同胞団がシャリーアに基づく市民政党を結党することに賛同しつつも、党の意思決定は親組織である同胞団から影響されてはならないし、同胞団以外の市民にも訴えかける力をもつべきとして、設立委員会のメンバーの3割を同胞団の外から招致し、コプト・若者・女性がそれぞれ10%、30%、25%の割り当てをもつべきと主張。

もっとも広範な大衆的基盤をもつ社会組織でありながら政権から弾圧され続けるなかでさまざまな課題を抱える同胞団の将来に対し、その担い手である若者からこんな建設的な意見が表明されていることに新鮮な驚きを感じた。この記事でも老幹部たちはこれらの意見を一蹴したとしており、短期的に目に見える変革は生じないとは思うが、「原理主義」組織として頑迷とか非寛容といったイメージで表象され、西側からその台頭が恐れられているこの組織も、決して一枚岩ではないのだと気づかされる。
PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡