忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[201] [200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、ヒラリー・クリントン米国務長官がカイロに来たようだ。
革命の成就を祝福するよりむしろ、これからの民主制度作りがいかに大変か、時間がかかり忍耐を要するかという課題を説教しに来たみたい(リンク Ahram Online:
Clinton to tell Egyptians democracy takes time)。

いちいちもっともなことを言っているが、革命勢力を代表するRevolution Youth Coaliton側はヒラリーからの面会希望をお断り(リンクAhram Online:
Revolution Youth Coalition refuses to meet Clinton
)。そりゃそうだろうな、民主主義は普遍的価値などと称揚しながらその裏で自分たちの世界戦略の便利な手足として動いてくれる権威主義的政権をたくさんの戦略上の重要国に置き続けてきたのだから、その犠牲になった国民たちが簡単にアメリカさんに気を許すわけがない。こうして、本質的な論点に対する本質的に深い対話はスルーされたまま、世の中はまわっていく。

そしてなんと、あと4日たつと、憲法改正の国民投票だ。マイノリティを十分に代表する制度になりえないとして女性、コプト、若者、貧者などが反対しつつも、ムバラク独裁を支えた国民民主党残党と、これまで非合法の憂き目にあってきたがいま大々的にうってでようとするムスリム同胞団という二つの既存のマジョリティは逆に改正案を支持。プライベートの小規模でやっている世論調査では改正案に反対の人が多いことになっているが、それが国民の意見を代表しているものかどうか。でも、軍は「もし否決されたら」という仮定をおくびにも出さないところがクレバーで、民主主義的制度の導入に関して「そのあとのオプションが何もない=もっと悪い方向へ向かう危険性」という恐怖心を人心に植えつけながら、うやむやに、しかも早々に、改正案を通してしまい、次のステップ(大統領選挙?)に移行しくことを確信しているかのようだ(リンク:
Blog Arab: Constitutional Amendments, continued)。

PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お久しぶりです!
ご無沙汰してます!久々に書き込ませていただきますが、いつもとても興味深い記事ばかりですね。
ヒラリー面会希望拒否、さもありなん…ですよね。アメリカ、散々ムバラクを支援しておいたくせに、しれーっとまるでこの革命がアメリカ民主主義の勝利とでもいうかのような顔をして、なんとも見苦しいですよね。こういうときしゃしゃり出てこなければいいのに。
選挙の動向も実に気になります!わが国も大変なことになってしまいましたが、エジプトのことも注視していきたいですね。
rickmn 2011/03/17(Thu)16:28:56 EDIT | RES
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡