忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨夜、知人宅で音楽家と集う会があり、そこでカイロシンフォニーオーケストラのメンバーと立ち話。
革命騒動がひと段落して、ようやく定期公演などルーティンの活動が始まったこの国立楽団。これまでは代表の女性が言うことは絶対で、誰も反論できない空気が充満していたのに、革命後の練習ではたくさんの団員が彼女にモノ申して言うことをきかない。それに怒った彼女は立ち去って戻ってこないとか。

また、この僕に話を聞かせてくれたミュージシャンが知人から聞いた話では、カッタメイヤ地区のハイスクールで、学生が学校側に、カンティーンの食事の質改善と下校時間の早期化を要求したところ、カンティーンの責任者が更迭され、休み時間の圧縮などによって下校時間が実際に早められた。また別の小学校では、まだ7歳から10歳くらいの年代の子どもたちが打倒校長を叫んでデモをしたとか。

これまで自由にものを言えなかった人々が、その圧制に対して立ち上がり、そして団結する大衆の力で革命を実現してしまったそのあとは、こうやって社会のいたるところで、老若男女がイヤなことをイヤとストレートに叫ぶようになるのだなあ。権利意識をもち、人々が意見を闘わせる自由な言論空間が形成されることがその社会を豊かにするという考えに僕は基本的に賛同するが、こうやって劇的に180度の転換をなした社会に育つ次世代は、はたして社会を発展させる担い手として育っていくのか、はたまた既存の価値を否定しことごとく破壊していくのか。目の前のイヤな障壁をとりのぞいたあとに広がる茫漠とした自由を、どうやって建設的に行使していくか。それが革命世代にとっても新たなチャレンジになるだろう。

紆余曲折、暴力的反動からのチャレンジなど、いろいろありながらも前進し続ける政治プロセス。委員会が起草した改正憲法案に対する国づくりのリーダーのなかからの本質的な反対意見などから、3月19日に予定されていた改正国民投票の延期が噂されていたが、今日の報道では予定どおり実施だそうだ。あるセンサスでは市民の59%が改正案になんらかの理由で反対だと聞くが、果たして拙速で否決されてやり直し、ということになりはしないだろうか。なにせ革命が起きているわけなので、現在のプロセスが現行憲法上の安定的根拠をもっていないことはいたしかたない。軍最高評議会が大統領に代わって暫定統治をし、選挙を行い、選出された大統領を任命するという一連の行為をする正当性そのものが、現行憲法によっては担保されていないようだが、いまそれを言っていると、プロセスは一歩も前進しない。日本も終戦後、明治憲法から新憲法への移行においては同じようなジレンマを経験し、矛盾のなかで新しい制度を受容していったし、今もその矛盾が導く古くて新しい問題と向き合っている。このエジプト革命を経て決まっていく新しい国のあり方も、圧倒的コンセンサスをもって承認されていくという単純なものにはなりえないだろうから、同様に長く将来に続く課題を引きずりながら前進していくのだろうと思う。

日本では、未曾有の大惨事のなか、「娯楽」のにおいがする行為に対して「不謹慎」だとして自粛を求める強い世論がツイッター上で多くみられる。どれだけの思いを込めても鎮魂したなどと言い切れないほど多くの命が奪われたのだから、生き残った者が快楽を忌避し禁欲的たらんとするのも人間らしいと思うし、誰の心のなかにもそういう気持ちがあるはず。でも、こういうときだから生き残った者は元気を出して、自分の生きる場所で、自分が出きることをして、他の人々を幸せにしなければならない、とも言える。それを別のことばで言えば「経済」と言うのかもしれない。文化とアートで人と人をつなぐことを職業とする自分は、自粛を超えて人がどうつながれるのかを考えたい。そんなとき、二人の音楽家の力強い言葉と出会って、僕はそれに力を得た。万人が共感するわけではないと思うけれど、ひとりでも多くの人がこれらの言葉をポジティブに受けとめてくれたらいいと思う。

佐野元春 
「それを「希望」と名づけよう」
二井原実 
「普通の活動すること」
PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡