忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回日記は1月7日。2ヶ月以上サボってしまった。ぼちぼち、再開していきますね。

いろいろあったが、最近とみに学ぶことが多かったのが、邦楽公演ツアーのチュニジア・イランの部分の随行。
2月22日にカイロを発ち、3月6日に戻ってきた。

和太鼓の金子竜太郎さん、篠笛の狩野泰一さん、馬頭琴・のど歌の嵯峨治彦さんの三人で結成されたユニット、Ryu's beat with Kano and Sagaと、マネージャー、舞台、音響、照明スタッフ5名のお伴として、カタール、モザンビーク、アンゴラ、チュニジア、イラン、オマーンの中東・アフリカ6カ国公演のうち、真ん中のチュニジアとイランだけだが全行程を体験することができた。

彼らの音楽は生き生きとして、楽しくて、日本とアジアに息づく伝統芸能を活かしつつ新しい音楽を創造する自由さがストレートに聞くものに伝わってくる。覚えたての現地語MCや、サッカーの応援を使った観客とのかけあいも効果的に観客をひきこんで、クライマックスでは興奮しまくった観客が総立ちで音楽に溶け込んでいた。

「今まで聞いた音楽コンサートのなかで一番良かった。」という感想を伝えにきたお客さんがいた。
イランのお客さんは、「こういう悲しい時に、タイムリーに日本から喜びの音楽、正の気を運んできてくれたことが嬉しい」と、涙ぐんで感動を伝えてきた。

久しぶりに、国境を越えて人々の間に共感と友情を育てる音楽の力に心の底から感動を覚えた。

この地域の音楽家との交流プログラムも用意されていたけれど、日本とも西洋音楽とも違う、独自の音楽的伝統の奥深さに触れて、この地域の文化的豊かさを再発見した思いだ。

チュニジアの音楽については、ベルベル人が昔も今もその主力となっていて、ジブラルタルを越えてイベリア半島の音楽にも影響を与えつつ、地中海的広がりのなかで「アンダルシア音楽」というジャンルの中心にいるということを知らされた。音楽大学の某先生は、日本の音楽のパフォーマンス性に強く惹かれていると言う。そして、一般にチュニジアの音楽ではその要素は少ないが、パーカッショニストの自分は意識してパフォーマンスを取り入れているのだと言って、片足を上げ、自分はこのままの姿勢で10分間叩き続けることができるぞ、と得意げだった。

イランでは、現地のミュージシャンから、「悲しみ・怒りを表現する」というイラン音楽の伝統について教えを受けた。日本の音楽に触れ、彼は、悲しみや怒りで燃えたぎる気持ちを鎮めてくれる水のような音楽と、表現していた。そして、これから自分の音楽のなかに、彼らの音楽のような喜びや幸せをも表現していきたいとも語ってくれたのが、嬉しかった。

音楽を通して、日本の心を伝えるだけでなく、相手の国の人たちの心のありように触れることができた気がした、貴重な二週間だった。

カイロに戻って、改めて新鮮な気持ちで、この国のアート、人々と向き合っていこうと思った。

PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡