忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月18日、日本から環境問題の専門家お二人を招き、アインシャムス大学で環境セミナーを開催。
お二人はそれぞれ、高度成長期の日本の公害、そして日本の里山とサウジアラビアのHIMAと呼ばれる保護区域の比較検討をテーマに発表され、またアインシャムス大学からも環境研究所の副学部長がエジプトの環境マネージメントについて発表した。

日本の経済発展が順風満帆だったわけでなく、多くの犠牲を人々と自然に強いたということが、よく伝わったと思うし、未来の環境保全に向けて伝統知と科学技術の双方を活用していこうという意識も共有できたと思うので、まずまずの会になったと思う。

ただ、参加者の層が大学関係者中心に限定されてしまったのが残念。次回以降は、NGOの活動家や学校の先生など、社会と接点をもって環境の保全に取り組むアクターをたくさんお誘いしたい。参加されたエジプトの学者先生たちが口をそろえて言うように、エジプトの環境問題はたいへんに深刻な状況で、それは政府の取り組み(今回の発表で政府は政府なりにいろいろなプロジェクトでがんばっていることがわかった)だけではどうしようもないのだから。ゴミの出し方、再利用、そして産業廃棄物による健康被害に対する自覚促しなど、より実践的な方法論をめぐって対話できたらいいなと思う。

若い学生を集めて、「もったいないコンテスト」なんてやったら面白いかもしれない。

セミナーが終わって、日本・エジプトの先生方と食事中、エジプト政府が市内の車の駐車取り締まり法を強化したのに、警察は最初の1週間くらいは違反切符を切っていただけで、すぐにもとに戻ってしまったよねとグチったら、エジプトの先生が、「そりゃあ、法律だけ厳しくして駐車場の整備や市内に流入する車数の制限などの対策を同時にとらない限りは、屋上に駐車するわけにいかないんだから、もとに戻っちゃうよね。」とおっしゃる。しごくもっともなことだ。

とにかく、このあふれんばかりの車が引き起こす渋滞と大気汚染をなんとかしてくれー!!

PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡