忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5月27日、第二の怒りの金曜日は10万人近い動員だったが、一週間後のデモは結集力あるスローガンを見出せず、フェイスブックでも抗議をやめて仕事をしようとの趣旨で「労働の金曜日」などと銘打つ動きがあったりで、結局数百人のまとまりのないデモが行われただけだった。交通もまったく止まることなく流れた模様。

身元不明の女性ジャーナリストが、広場での女性へのセクハラ調査をやっていてデモ隊と小競り合いになり、軍が威嚇射撃をしてこのジャーナリストを広場から追い払うという一幕もあったようだが、総じて静かな金曜日だった。

木曜日の夜、タハリールに日参しているエジプト人女性の話を聴く機会があった。
革命の中心になった青年リベラル勢力が結成した政党のミーティングに参加したら、そこで議論されていたのが、イスラム、キリスト教、ユダヤ教以外の宗教を国は認めるべきかとか、そういう宗教の集会・結社を認めるべきかというような話題で、これが紛糾してしまう有様。なにがリベラルだ、と。彼女はこういう状況を揶揄して、「サラフィ以外はみんなリベラル」と、この国の革命後の精神のありかたを批判した。

なんでも自由が良いとはいわないが、個人が自分の信条や良心を他人に否定されない基本的権利くらいは、革命の果実として実ってほしいものだ。

来週の金曜デモは、労働の金曜を皮肉ってなのか、Friday of Hungerと銘打たれ、700LEと規定されたばかりの最低賃金法に物申す会になると報じられている。デモに政治的求心力が乏しくなって、一向に好転しない経済への憤懣にとってかわるのは、あってほしくないシナリオなのだが。
PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡