忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々にタハリールが燃えている。
7月8日の大規模金曜デモを組織した革命勢力は、軍と暫定政府に対して遅々として進まない旧勢力の退場を中心とする要求を突きつけ、継続した座り込みによってプレッシャーをかけている。

そして、明日火曜日も、百万人のデモを呼びかけ、体制からの前向きな回答を今にも引き出そうとしているようだ。

今日のアハラーム紙(ウェブ版)によると、Essam Sharaf首相は、日曜に革命青年グループに対して包括的な改革の約束をしたそうで、そこには、抗議者を狙撃した者を含む1400名にのぼる警官の7月15日までの解雇、7月17日までに閣僚の3分の1以上の入れ替え(旧体制派の一掃)、今月末までの国営メディア(テレビ・ラジオ)の経営陣の刷新、月末までに新たな県知事の再任命の発表を行うなど、盛りだくさんだ。

そして、この日程での改革が実現できなければ首相を辞任するとして、自らの退路を断つ気合の入れようだ。

当然、首相の裏には実権をもつ軍が構え、旧勢力やエジプトに大きく変わってほしくない湾岸王族などの要求と目の前の革命勢力の要求とを天秤にかけながら、適当な落としどころを探っているに違いない。だからこそ、首相は、自分の首をかけて、ストリートの声に殉じると宣言する必要があったわけだ。これで、シャラフ首相がさまざまな妨害によって十分に改革を断行できなければ、首相辞任となり、今度は首相の足をひっぱったとして軍の権威・信頼が失墜することになるから、軍としてもここにあがったアジェンダの多くを受け入れざるを得ないのではないか。

希望的観測だけれど、これらの要求が通って、市民が安心してラマダンを迎え、そして9月の選挙に向けて、自らの支持・所属政党を選択し、その政党のシンパを増やすという未来を向いた活動に集中できるよう、強く願っている。

タハリールが静まってくれないと、そのどまんなかにオフィスを構えるこちとら、落ち着いて仕事ができないのだから!!


(リンク:Ahram Online:'Egypt's PM Essam Sharaf races against time as protests escalate')
PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡