忍者ブログ
えじぷとの文化、芸術、エンターテインメント堪能記です。 twitter: @sukkarcheenee facebook: http://www.facebook.com/koji.sato2
[162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、フラットの大家さんに家賃を払った。
一流金融マンでカイロで結構名の通った家の出の彼は、この国ではかなりリッチなクラスに所属しておられるはず。現在、郊外の高級住宅地Sitta October Cityに一戸建てヴィラを建設中で、その間、近所のヴィラを借りて住んでいる。車は4~5万ドルはするボックスカー。

この日の家賃の受け渡し場所として彼が指定したのは、Four Seasons Hotelのロビーカフェ。注文したコーヒーやジュースは、当然にして太っ腹の彼もちだ。

とっても気さくでフレンドリー、まだ40代前半くらいと思われる彼は、
「やあ、元気?」と月並みな挨拶をしたあと、自分の仕事の状況などを話しはじめ、3ヶ月前とまったく同様に、エジプト社会の問題についてとくとくと話し始めた。

とにかく、この国の問題は、貧しいモノたちが働き者のリッチマンと政府に寄生して、ぜんぜん働かないことにある、と。

貧しい人たちやその立場を一部代弁するような評論家たちは、この国の問題は、たいして仕事もしないで甘い汁を吸う既得権者たちだと文句を言う。

お互いにお互いを批判しあって、交わることのない二つのクラスの分断は深刻だ。

これも、長い権威主義体制が生み出した弊害なのだろう。政治的自由を拡充してやることで、立場や利害の異なる人たちがそれぞれのインタレストをぶつけあう場がまったくないから、こうした社会問題の認識や議論もイヤに風通しが悪い。どちらも間違っていないけど、どちらも正しくはない感じといったらいいだろうか。

変化には適切なスピードというものがある。それは否定しない。でも、この人たちには絶対的に変化が必要だ。問題は経済的貧困よりも、あまりの風通しの悪さに人々が窒息しそうなことにある。


PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Backlinks]
[12/27 すっかる]
[12/26 やもり]
[11/25 すっかる]
[11/25 跡部雄一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すっかる・ちーにー・しゅがー
性別:
男性
職業:
国際文化交流
趣味:
カレー
自己紹介:
インドで4年生活し、今度はエジプトへ!この国の人々の生態、面白情報をお届けします。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡